wish

美容室を開業し経営するためには届出書が必要

美容室を開業し経営するためには届出書が必要

美容室を開業し経営する際の開業手続きは、特にしっかりと行わなければなりません。
しっかりと届け出を行っていれば美容室を経営することが可能になります。
しかし、届け出がなければ営業することは許されませんし、そのような状態で営業すると無許可営業となります。
開業の際にはまず、保健所に届け出を出す必要があります。

開店のおよそ1週間前から10日前が目安になり、税務署に対しても届け出が必要ですし、税務署に対しては様々なものが必要になります。
オープンした後1ヶ月以内に提出しなければならないものがありますし、所得税に関する書類はオープンした後の2ヶ月以内に提出する必要があります。

確定申告に関する様々な書類や給与事務所などの開設の届け出も一ヶ月以内に提出することが求められます。
さらに、源泉所得税に関する書類や納期の特定適用者に関わる書類などは随時提出しなければなりません。
そして、各々の都道府県に対しても届出書を出さなければなりません。
自治体により異なるものの速やかに出すことが適しています。
非常に届け出なければならない書類が多いものの、従業員を雇う場合は加えて出さなければならないものが存在します。
必ず必要になることですし、不安があるのなら専門家に相談しましょう。

お問い合わせ


まずはお気軽にご相談ください。

下記の電話番号、またはWEBフォームからご連絡ください。

images

お電話のお問い合わせ

048-487-0120

営業時間:平日10:00~18:00(土日・祝日除く)

無料相談の電話番号
無料相談のお問い合わせ

Page Top