wish

article

美容室の開業資金はどうやって調達すべきか

美容室を開業するには多額の資金が必要となります。例えば、店舗を建設する場合には土地の取得費や建物の建設費用を、ビルに入居する場合は入居時に支払う費用や内装工事の費用を賄うのに、多額のお金が必要です。また、この他にも機器の購入代や宣伝費、雇い入れるスタッフに支払う賃金など、確保しておかなければならない資金は様々です。これらのお金を美容師自身の預貯金で賄えるケースはほとんどなく、大抵は融資を受けることによって調達をすること

になります。

美容室の開業資金の調達先として最も一般的なのは、なんといっても金融機関です。一口に金融機関といっても様々な種類がありますが、事業のために使用するお金の調達先として選ばれる事が多いのは、政府系金融機関です。政府系金融機関は、新規に事業を始める人を対象とした融資制度が充実しており、中には一定の条件を満たしていれば担保も保証人も不要な融資制度もあります。返済期間は長期間になる傾向が強いですが、適用される利率は低めに固定されているため、他の金融機関から融資を受けるよりは美容室を開業した後のお金のやりくりに困ることは少ないでしょう。

政府系金融機関以外には、信用金庫や信用組合が有力な借入先となります。ただし、これらの機関から融資を受けるには会員あるいは組合員になって、ある程度信用力をつけておかなければなりません。なお、銀行については、ある程度営業実績があって信用力や担保力がついていない限り、直接融資を受けるのは難しいため、調達先としては不向きといえます。

お問い合わせ


まずはお気軽にご相談ください。

下記の電話番号、またはWEBフォームからご連絡ください。

images

お電話のお問い合わせ

048-487-0120

営業時間:平日10:00~18:00(土日・祝日除く)

無料相談の電話番号
無料相談のお問い合わせ

Page Top